翻訳には豊かな表現力

出版翻訳では、もちろん真っ先に原書を読まなくてはいけません。
それを一字一句忠実に再現することは翻訳家のもっとも基本的な仕事だといえます。
しかし原書を読んで感動したのと同じ感動を忠実に再現した翻訳で読む人に感動を与えられるとはかぎりません。
稚拙な日本語では読む人を感動させることはできません。
たとえば一つの英単語でも日本語の同じ意味の単語は何種類もあるということが多いです。
そこでどの単語を選ぶか、どのような表現をするかは、翻訳家の腕のみせどころです。
自分が感動したのと同じ感動を是非読む人にも伝えてください。
翻訳に関わるサイトはこちらです。
参考になりますから是非みてくださいね。
翻訳の仕事は本当に奥が深いですよ。

大阪泉南のジギング船 受付 >>

駐車場完備!名古屋の音楽スタジオ REFLECT STUDIO

マッサージチェアのレンタル☆販売サイト

霧島市リフォーム

音楽スタジオ リハーサル